【寄稿】8月はスパイスカレー強化月間!好きなカレーでまちづくり、大関羅捺さん

こんにちは。

秋田出身スパイスカレー大好き大学生、大関羅捺です。

私は、大学でまちづくりを勉強しています。趣味はまちづくりです。しかし!学校の実習や勉強は机上の空論??結局、等身大のまちづくりって何ができるの??と思い、大学生の私もできるまちづくり(そこまで大層なものではないので、まちあそびといった方がよいですね・・・)にチャレンジしています!

私は身近かつ大学の近くで、まちづくりを実践し学ぶことができるエリアが欲しかったので、現在、横浜市旭区にある左近山団地でまちづくりをしています。せっかく横浜まで来てるのだから、秋田にこだわることなく横浜のエリアでまちづくりをやってみたかったし、それが、これからいろんな地方や街に行くときに糧になると思い、奮闘中です。

わたしがなんでまちづくりしたいのか!それは、私の地元は土崎なのですが、土崎港の曳山まつりに幼い頃から出ていて、まちの人が大好きだったからというのがひとつ、それとシャッターの下りた空き店舗ばかりになってしまった土崎の商店街をもっとまちのよさが感じられ、まちのひとが日常的に行きたくなるような場所にしたいと思ったのがもうひとつのきっかけでした。

そんなこんなで、わたしの大好きなスパイスカレーを使って何かできないかな・・・?と思い、この8月、左近山ショッピングセンターで「ほぼ毎日スパイスカレーテイクアウト強化月間」を実施しています。

カレーには左近山ショッピングセンターのお店の食材を使っています。

わたしは、左近山団地を盛り上げたい!と集まった大学生団体である、「さこらぼ」に所属しています。メンバーは実際に団地に住んでいる居住学生と住んでいない非居住学生に分けられているのですが、わたしは”非居住”学生です。そのデメリットとしては、なかなか団地の方々に知ってもらえない・・・ということ。

まちづくりをしたり、その地域にのめり込むには「存在を認知してもらう」ことがファーストステップなのでは?と思い、毎日ショッピングセンターに机ひとつ出してカレーを売っています。

ほぼ毎日やることで、「またあの女の子カレー売ってるよ」「あー、あのスパイスカレーの子ね」となってくれたらいいなと、思っています。

まだ1週間目なので、なかなか買ってくれる人は少ないですが、最初は、そこに頻繁にいること、それが大事だと思ってます。いるだけで広告効果です笑。話しかけてくれたり、話がはずんだりするときもあるので意外と楽しいですよ!

わたしは左近山商店街が、「これを買いに行かなきゃいけないから行く」場所というだけでなく「商店街のあの人に会いたいから、話したいから行く」場所にできたらいいなと思っています。まちの魅力でいちばん大事にしたいのは、まちのエレメントでありいちばんの主役である、そこに住む人、商店街の人、だと思います。モノではなくヒトに会いにいく左近山ショッピングセンターになったら楽しそうと、ひっそり思っています。

そういうわけでわたしは、8月のお昼はほぼ毎日、左近山ショッピングセンターにいます。

よろしければ、わたしに〝会いに”左近山ショッピングセンターに来て、テイクアウトスパイスカレー食べてください!

1日15食、なくなり次第終了です!

スケジュールは以下の通りです。

らなカレー出店カレンダー

8月後半は秋田が主人公のカレーを作ろうかなと試行錯誤中です!

秋田は本当に大好きな場所です。いまはコロナのせいでまったく帰れないことがつらく、大泣きしたこともありました笑

とはいえ、実は大学卒業後すぐに秋田に帰ろうとは思っておらず、日本中のあらゆる場所でまちづくりの修行をしてから、力を蓄えて秋田に戻って、大好きなまちでまちづくり・まちあそびをしたいなぁと思っています!

FBにも随時広告しますので、ぜひチェックしてください

よろしくお願いします!

左近山ショッピングセンターのアクセス

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です